120529 古き良き時代

建築家/宮脇 檀の著書に『毛深い材料』という表現がある。
今はやりのツルツルピカピカの材料ではなく
質感があって薄暗い場所で存在感があるような
カフェではなく昔の喫茶店で使われていたような材料をそのように表現していた。

写真は打ち合わせをさせて頂いた応接間の布クロス。
今はあまり見ることが少なくなりましたがあらためてみると良いものです。

120529 古き良き時代_b0129659_1034854.jpg


辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2012-05-29 10:14 | 『その他』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/18362510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 120530 歳を重ねる 120526 反カタログ建築 >>