121121 基準

軽自動車には基準というものがあり
長さ3.4m、幅1.4m、高さ2mとあります。
ダイハツのタントに代表されるように最近の軽自動車は
内部を最大限確保する為、四角く基準ぎりぎりの寸法で設計されています。

日本のデザイン~美意識がつくる未来~/原研哉著/岩波新書によれば
この空力抵抗を捨て居住性を優先させて四角いかたちは、
世界に認知される「JAPAN CAR」のひとつの典型をなす形であると書かれており
おもしろい視点だと思う。

■以前書いたスキマhttp://tsujichika.exblog.jp/16355870/にも同じようなことが言えます
121121 基準_b0129659_11562983.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2012-11-21 13:35 | 海南市の風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/19536062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 121122 格をあげる 121120 一本立ち >>