130422 限られた素材で

街並をつくるためには限られた素材で建物を作ることが大事。
倉敷では、瓦屋根、漆喰、焼き杉、ヒノキと数える程の素材で美しい景観を作っています。

素材が限られているからこそ、
窓周りや、壁の装飾など微妙な差異が浮き彫りになり
統一感の中に厚みのある景観が生まれる。

素材が限定されるからこそ、
素材の扱いが修練されここでしか見ることができない納まりが生まれている。

懐古礼賛になる必要はないと思いますが
こういう街並が近くにあるというのはとても羨ましい。

130422 限られた素材で_b0129659_9154468.jpg130422 限られた素材で_b0129659_91522100.jpg
130422 限られた素材で_b0129659_916931.jpg130422 限られた素材で_b0129659_9162377.jpg
summilux50mm(3rd) 辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2013-04-22 09:28 | 『その他』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/20319380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 130424 端々の緊張感 130419 倉敷(美観地区) >>