130801 イサム・ノグチ庭園美術館

香川県は高松にあるイサム・ノグチ庭園美術館
ずっと・ずっと行きたいと思っていたのですが
事前に往復はがきにて見学希望日を調整する必要があり
少し足が遠のいていた。

イサム・ノグチのアトリエと住居であったところを
庭園美術館として保存し見学できるようにしている。
1969年からニューヨークと香川を行き来しながら生活を行い
1年を通して、3~4ヶ月程滞在していたとのこと。

置かれている一つ一つの石、木、建物が意図を持って配置され
どこにでもある風景のようですが
「何か洗練されている」ように見えるのはとても新鮮な体験。

彫刻作品に使われる石については、地元で採れる石をほとんど使わず
スウェーデンやアフリカと世界中の珍しい石を持ってきては彫刻として仕上げていたとのこと。
近くに石切り場があるので、そこから石を持ってきて使うというのがあたり前のように思うのですが
使うのは技術であったというのはおもしろい。

地方にいると陥りやすいこととして狭い世界で物を見てしまうということ。
日本の庭には御影石という先入観の中で仕事をするのではなく
広い視界の中から物を見直す視点を持つこと。
ジャンルを問わず色々な物を(生で)見るということが
ものづくりをする上で大事な素養なのだとあらためて教えられます。

すごくいいです。

■和歌山からは明石海峡大橋を超えて3h~4h また行きたいと思います
130801 イサム・ノグチ庭園美術館_b0129659_8421761.jpg130801 イサム・ノグチ庭園美術館_b0129659_8422482.jpg
130801 イサム・ノグチ庭園美術館_b0129659_8415757.jpg130801 イサム・ノグチ庭園美術館_b0129659_842442.jpg
130801 イサム・ノグチ庭園美術館_b0129659_842372.jpg130801 イサム・ノグチ庭園美術館_b0129659_8424260.jpg
elmarit f2.8/28(2nd) 辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2013-08-01 09:39 | 四国の風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/20800516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 130802 ジョージナカシマ記念館 130731 『湊北町の家』 >>