130831 床柱

『有田の家2』

仏間用の床柱。
わざわざ奈良(吉野)から運んで頂きました。
左からサビ丸太(ヒノキ)、赤松、コブシ。

サビ丸太(ヒノキ)は、
6月に伐採を行い
そのまま山に放置して表面にサビをまとわす処理をしたもの。
スギではこのようサビは付かないらしいです。
表面のサビを見てこれは良い風合いだと、はじめて床柱に使った人の感性はすごい。

赤松は、表面をなでるとはじめのうちは
樹皮がポロポロ落ちる(一定のところで止まる)と言われていましたが
ほとんど気にする必要はなさそうです。

コブシは木肌が好みですが
銘木屋さんが言うには中が痩せてしまうと
皮が浮いてしまうリスクがあるので後の補修ができないとのこと。
また樹皮が厚いので背割りを入れると皮がむけてしまう為
背割りをいれられず表面に割れが入るリスクもあるとのこと。
リスクをわかって頂ければ良いがあまりお勧めはしませんと・・・。

と三者三様の個性を持っています。
好みの問題もあるので
クライアントと相談させて頂いてどうするか決定したいと思います。

130831 床柱_b0129659_11391925.jpg
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2013-08-31 12:06 | 『有田の家2』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/20924108
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 130901 引渡し 130828 備品 >>