131023 束石(つかいし)

独立柱の場合、何で足元を受けるかがとても重要。
既製品のステンレス製の金物を使って
コンクリートで固めては簡単なのですが味気ないと思う。

今まで見た中ではイサムノグチ庭園美術館で使われていた
切りっぱなしの束石がとてもかっこ良かった。
人工的な部分と自然の部分がバランス良く束石も彫刻のように見えた。

さて八角形の柱の足元を受けるとなれば
束石も八角形というのが自然のなりゆき。
錆御影のビシャン仕上げ(ざらざらした仕上げ)とすることで
つるつるピカピカの高級感をやわらげています。
三和土(たたき)の土間を予定していましたが
ここまできたらということで土間も同じ錆御影で仕上げることに。

一つの束石をきっかけに床の仕上げも決まる。
現場では関係者皆納得の結果。

131023 束石(つかいし)_b0129659_837314.jpg

131023 束石(つかいし)_b0129659_83545.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2013-10-23 08:51 | 『有田の家2』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/21332686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 131024  100均のクリ... 131022 ほたてペイント >>