140211 開発

『毛見の家』

木製建具と既製品のアルミサッシの違いは
製品化されているかどうか。

アルミサッシは規格化されたサイズ・仕様があり
工場で大量生産することによりコスト・製作期間を大幅に削減している。

一方、木製建具は大工さんが作った枠を採寸して
それに合わせて作る。
言い換えると、大工さんの仕事が終わらない限り
木製建具の製作ができない。
また、どういった金物を使うかにしても
分厚いカタログの中から一つずつ選ぶ必要があり
自由度が高い反面
手間とコストは掛かる(アルミサッシに比べて・・・)。

今回建具屋さんのご自宅で試みているのは
木製建具の規格化。
枠を含めてアルミサッシのようにユニット化できれば
大工さんの作業と同時進行で
木製建具の製作が行える。

小さい窓であればそんなことも可能だと
ずっと思っていたのですが
良い機会を得たりと新しい木製建具のあり方を
考えて行きたいと思っています。

■考え方を変えることで新しいニーズを作り出す!
■試作機1号(笑)
140211 開発_b0129659_8304722.jpg
『湊北町の家』内覧会のご案内はこちらから⇒http://tsujichika.exblog.jp/21982646/
週末にかけてご予約を頂いておりますが
まだまだ調整がつきますのでお気軽にお問い合わせください。
by tsuji-chika | 2014-02-11 08:42 | 『毛見の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/22037755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 140212 背景 140210 ソファーを作る >>