140401 はじめて敷地に立つ時

『毛見の家』

はじめて敷地に立つ時に感じた印象は大事にした方が良いと思う。
敷地を見たのは新緑の5月。
背後の山の沸き立つような緑が強く記憶に残っている。

建物は片流れの屋根。
海から流れてきた風が背後の山に抜けるように
必然から生まれた屋根の形。

■借景
140401 はじめて敷地に立つ時_b0129659_1015231.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-04-01 10:23 | 『毛見の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/22367597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 140402 どこを見ても木 140331 クラシック&中古... >>