160324 適材適所

重根の家3∥和歌山市の家∥有田の家3∥上の家

梁を上げたり、柱や筋交いを入れたり、根がらみの補強をしたりと
適材適所に可能な耐震補強をしていく。

昔の大工さんは限られた材料で家をつくっているから
材料も寸法も場所によってバラバラ。
精度の高いプレカットに慣れきった若い大工さんの場合、柔軟に対応するのが難しく
こういう古い建物は、古い大工さんの方が要領良くこなす。
梁を上げる方法なんかは妙技だと思う。

160324 適材適所_b0129659_1139017.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2016-03-24 11:45 | 『有田の家3』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/25563503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 160328 田の字型プラン 160318 大きいスケール >>