160406 記憶を切り取る

重根の家3∥和歌山市の家∥有田の家3∥上の家

台所に立つ、お母さんやお父さんにとってずっと見慣れた景色。
樹齢100年を超える柿の木をはじめ、あらためて記憶を継承するように窓の配置を整えた。
お父さんから「すっきりしたなぁ~」とお言葉を頂戴しうれしくなった。

住みながらの工事になる為
まずは台所部分を完成させてから、仏間などの工事に移ります。

160406 記憶を切り取る_b0129659_11301787.jpg
160406 記憶を切り取る_b0129659_1130305.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2016-04-06 11:35 | 『有田の家3』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/25630482
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 160412 山長さんの木 160330 75mmの視角 >>