160601 feeling

和歌山市の家 ∥有田の家3∥上の家

素材を考える時、色を決める時、寸法を決める時
それを選ぶことで、何を感じるかを創造する。

繊細に扱うようにと発する障子紙。
座ってみたくなる絨毯。暑苦しくならないようにリネン入りの素材を。
ダイニングテーブルは、少しこぶりで椅子を引き出すときに両手を添えたくなるものを。
光を拡散させる格子。全体をやわらかく暖かく。天井高さが重苦しくなく。
生垣すべてを見せずに、途中で切り取りその先を想像させる。
光を拡散させるスリガラス。人肌がやさしくきれいに見える。
肉厚のソファー。座り込みたくなる雰囲気。

建築のおもしろいところは身体感覚がものを言うところ。
どれだけかっこ良くても、馴染まないと意味がない。

b0129659_8584581.jpg
b0129659_85912.jpg
b0129659_8591272.jpg
b0129659_8592158.jpg
b0129659_8594061.jpg
b0129659_8595234.jpg
b0129659_913284.jpg
辻・近川建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2016-06-01 09:21 | 『和歌山市の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/25864171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 160606 段差の処理 160531 整えるという感覚 >>