160606 段差の処理

和歌山市の家∥有田の家3∥上の家

有田川の近くに建つ家。浸水に備え床の高さが土間よりもずいぶんと高い。
土間からは「よっこらしょっ」と上がるような感じで当時、坐骨神経痛だった身にはかなり堪えた。

その段差をどのように処理するかが今回の見せ場のひとつ。
北側の部屋に向かってリズミカルに床がつながるように計画し
仕上げを石(靴)→フローリング(スリッパ)→畳(素足)→カーペット(体ごとごろ寝)と
床が高くなるにつれ、素材を身体に馴染みやすいものに変化させた。

■最後のカーペット敷きの北部屋に来たとき足元に淡い色のつつじが見えます。ワクワクする。
160606 段差の処理_b0129659_9402697.jpg
160606 段差の処理_b0129659_9404023.jpg
160606 段差の処理_b0129659_9411299.jpg
160606 段差の処理_b0129659_9412676.jpg
※更新頻度が遅くなっております。Instagramと合わせてお付き合い頂ければ幸いです※

辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2016-06-06 09:52 | 『有田の家3』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/25882511
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 160613 建具は動く 160601 feeling >>