170708 図面の扱い方でわかること

『京都の家』

大きな計画になると図面の枚数も多くなる。
煩雑になる図面の管理は、工務店さんの大事な仕事。

経験上、図面をきっちりと製本し、付箋が貼られていたりする
工務店さん、大工さん、職人さんの仕事は丁寧でミスが少ない。
一手間を掛けることで、その後の作業がいかにスムーズに進むかを経験上分かられているからだと思う。

設計事務所としても
図面で仕事をしている以上、それが丁寧に扱われることは素直にうれしい。

■現場には各窓ごとに描いた詳細図が、ラッピングされて吊られている。
170708 図面の扱い方でわかること_b0129659_10474519.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

by tsuji-chika | 2017-07-08 11:00 | 『京都の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/26975743
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 170713 何か違う 170707 建築は曖昧さを内包する >>