171017 ゆらぎ

『京都の家』

自然素材と、工業化された製品の違いは何かをずっと考えている。
感覚的ではなくうまく説明できる言葉を。

ある本ではそれを『ゆらぎ』という言葉で表現されていた。

「銅板」は、雨に打たれ色が変わる。雨の当たり具合により色がまばらになる。

「瓦屋根」は焼き具合による色むらがあり、一枚一枚同じようにとりつけても均質ではなく多少のズレが伴う。

「柿渋」は木の種類により、濃淡が生まれ、均質な色にはならず、経年変化も進行速度もまばら。

「左官」の土壁は4層塗り重ねることで奥行きが生まれ、職人の手により微妙なバラツキが生まれる。
(吹付のスプレーガンを使う場合はこのバラツキは生まれない。)

この、ばらつきや不均一、微妙なズレを総じて『ゆらぎ』と言うらしい。

均一化を突き詰め、すべてをコントロールしようとする工業化された製品は
行き過ぎると息苦しくなる。

人は『ゆらぎ』を知覚し、それを拠り所に情緒や、落ち着き、居心地の良さを感じ取る。

b0129659_1358119.jpgb0129659_13581257.jpg

b0129659_13582415.jpgb0129659_13583262.jpg
辻・近川建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2017-10-17 13:58 | 『京都の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/27372193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 171020 津村タテグ製作所 171013 窓の気配を消しながら >>