171213 適切な影

『京都の家』

大きな家になったところに
光が均等に入るように計画してしまうとただただ単調な空間になってしまう。

山中湖の家(http://tsujichika.exblog.jp/i6/)を計画している時
たくさんの別荘を見学させて頂いた。
その時に感じたのが絞ることの大切さ。
ガラス張りの開口部は、客人にとっては珍しくて良いが
日差しのきつい山中湖では住む者にとって強いストレスとなっていた。
開口部を絞り、適切な影が作られた別荘程、とても居心地が良かった。

■部屋の用途に合わせ開口部を決める
b0129659_1531747.jpgb0129659_1515811.jpg
b0129659_1521942.jpgb0129659_1522691.jpg
辻・近川建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2017-12-13 15:16 | 『京都の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/27853481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 171215 内と外をつなぐ 171205 風致地区について >>