180109 階段

『京都の家』

階段は、壁や天井がつくる水平の輪郭に対して斜めにそれをつらぬく。
唯一の斜めの線。だから、建築において階段はひとつの見せ場になる。

それがリビングに下りてくるとなると否応無しに手が抜けない。

階段が1階の床に着地する足元を100上げ、踊り場を設けた。
この100の段差は、結界として機能し
奥の書斎や2階がプライベートな空間だと印象付ける。

b0129659_8462911.jpgb0129659_8464164.jpg
b0129659_8465137.jpgb0129659_84708.jpg
辻・近川建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2017-12-23 10:36 | 『京都の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/27888705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 180110 つながりと気配 171216 つくる >>