180328 配筋検査

『新宮の家』

配筋検査の為、新宮へ。

現場は地盤改良、周辺の土留め、擁壁工事も完了し
ようやく本体の工事に。

敷地いっぱいに建物を計画している為
周辺部から工事を先行させている。

新宮の街中は台風時期になると
熊野川の氾濫に備える必要がある。
以前床下浸水の被害にあったということもありその時にどのあたりまで
水位が上がったかをお伺いし床高さを決定しています。

手前の車庫部分と
かさ上げした住居部分と2段構えの基礎となります。

奥行きが非常に長い為とても大きく感じます。

■隣地との境界、井戸を交わしたり、雨水排水の計画など
敷地に余裕がない為検討事項が多岐にわたった
b0129659_10542541.jpgb0129659_1055664.jpg
b0129659_10544072.jpgb0129659_10551746.jpg
辻・近川建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2018-03-28 11:06 | 『新宮の家』
<< 180329 『日方の家』 180319 釣り >>