180715 fragrance

『新宮の家』

床材として数ある樹種の中で
ヒノキのように、『香り』が特徴となる木はほとんど無い。

ある空間に入った時、五感の中で一番始めに感じるのは嗅覚。

家具屋さんなどで良い香りのディフューザーを置くのは
緊張感をやわらげリラックスさせる効果を期待して。
スターバックスの最大の広告はあのコーヒーの香りだと言える。

新宮への道中、人気の無い道の駅の便所に立ち寄る。
ひとつは、無味なタイルで仕上がった空間。
ひとつは、壁にヒノキが使われている空間。

前者は何か汚いところは無いかと神経質な感じが漂い
後者はとにかくゆっくりとできる。

香りが人の感覚に与える影響はすごく大きい。
片道、3hの道中で得た教訓(笑)。

b0129659_842347.jpg
b0129659_8424546.jpg
b0129659_8433046.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2018-07-15 08:59 | 『新宮の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/28470870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 180717 紅葉しない 180714 透ける向こうには... >>