180929 敷地を読む

敷地を読む(https://tsujichika.exblog.jp/26837793/)ことで
建築の『馴染み』がより強いものになると思う。

敷地の高低差を建物の形状、間取りに反映させることで生まれた
屋根の重なり、スロープ等は、この家の大きな特徴となり、とても力強い個性となった。

この個性は年月を重ねても変わることなくあり続ける。

b0129659_9582788.jpg
b0129659_9583461.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2018-09-29 10:12 | 『京都の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/28692484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 181010 幸か不幸か 180928 竣工写真 >>