190405 視線の先に

『赤坂台の家2』

図面の中を歩くという感覚。

特に展開図を描くときは部屋の隅々に意識が向かい
実際にその場にいるような感覚になる時がある。

その逆もあって、日常で体験することを
2次元(図面)として置き換えてしまう癖がある。

先生とは、先に生むと書く。
(便宜上かもしれないが)設計士が現場で先生と呼ばれるのには
先に図面上で疑似体験しているからだと思っている。決して偉いからではない。

視線の先に見える軒裏のスギ板。
特に、玄関へは下から階段を上るアプローチになるので
この軒裏の印象が建物の印象につながる大事な部分。

山長商店さんに
手配頂き紀州材の上品なスギ板として頂きました。

■無意識に毎日見るところ こういう所に気を配りたい
190405 視線の先に_b0129659_11382169.jpg
190405 視線の先に_b0129659_11384056.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2019-04-05 11:50 | 『赤坂台の家2』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/29349082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 190408 点と線 190330 Apartment >>