199607 境界

『三重の家』

着工に向け工務店さん含めた打合せの為
三重県は御浜町へ。

道中、ただただ山道を走る。

スギとヒノキが植林された山の景色は
ほとんど変わらない。
その変わらない景色でも
ハッと印象が変わる瞬間があり車を停めては写真におさめる。

車中暇なので色々と考えてみた。

この印象の違いは
山の稜線、空との境界の輪郭の違いによるものだとわかってくる。
なだらかな境界、切り立った境界。

人は物や空間を知覚する時
無意識のうちに境を見ている。

白い大きな壁の真ん中を見続ける人はいない。
壁と床の境、壁と天井の境。

これが理解できると
建築においてはこの境の処理がいかに重要かがわかる。
壁に同じ素材を使っていても、
巾木の大きさや廻り縁の存在の有無で空間の印象が変わるのはその為だ。

b0129659_849238.jpg

b0129659_5272973.jpg
b0129659_5274752.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2019-06-07 05:43 | 『三重の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/29460372
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 190608 素材感 190606 化粧 >>