190619 シャッターの問題

『赤坂台の家2』

昨年の台風21号
が建築業界に与えたインパクトはとても大きい。

その一つに、雨戸やシャッターに対するニーズがある。
(新宮の家では外壁の外側に木製建具で雨戸(引き戸)を付けている)
今のガラスは昔のものに比べると厚みがあり、余程のことがない限り割れることはなくなった。

設計事務所の場合、意匠(デザイン)的な理由もあり
雨戸やシャッターを付けない設計がほとんどだが、
今回の台風を機に雨戸やシャッターを避けて考えるのが難しくなった。
(強化ガラスを用いるという選択肢もある)

さて道路側に面する部分、2階の寝室についたシャッターボックス。
2階の外壁を外にふかして、凹みをつくりその中にシャッターボックスを納めた。
そらにその奥行きを利用して
凹みの手前側にアルミの簾を付け建物の外観を整えることにしている。

■ネガ要素を逆手にとって考えてみる
b0129659_116395.jpg

辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2019-06-19 11:23 | 『赤坂台の家2』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/29480400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 190622 調子を整える 190618 見切りについて >>