191024 鴨の水掻き

『白浜の家』

軒の出を1500mmも出そうと思うと、通常の垂木だけでは強度が十分でない。
大きな梁を突き出して屋根を支える必要がある。

しかし180mmもある梁をそのまま軒先まで突き出すと
野暮ったくて仕方がない。丁寧にみていくと、軒先には加わる力はごくわずかで
建物から離れる程、梁に加わる荷重は小さくなる。
そこで先端をカットし軒先がシャープに見える納まりとした。
斜めにカットしているのは、垂直だと木が裂けやすくなるから。

溝には軒天のスギ板を張って
梁せいの半分だけ見える仕上がりとなります。
鴨の水掻きみたいな納まりです。

■梁の小口に節がこないように木を選定して頂きました。
山長商店さんいつもありがとうございます。
b0129659_8183215.jpg
b0129659_81853100.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2019-10-24 08:34 | 『白浜の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/29718476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 191025 植栽工事 191021 上棟 >>