200717 本棚で部屋の壁をつくる

『大野中の家5』

壁の厚みはだいたい162mm(胴縁含む)、構造的に重要でない場合
その壁はただ部屋を間仕切る為だけに設けられる。

162mmに少し奥行きを足すと、本棚や収納になる。
本棚の場合、本が吸音材として機能するので理にかなってるところもある。

今回は、家族が毎日通る2階の廊下に面して本棚を組み入れた。

■本棚は可動棚にしない方が見た目がきれいで強度も担保できる
200717 本棚で部屋の壁をつくる_b0129659_88251.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram


by tsuji-chika | 2020-07-17 08:15 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/30144558
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 200720 塗装 200716 何処につけるの? >>