210413 壁の厚み

『tke』

ヨーロッパの建築の雰囲気は
壁の厚みによって作られていると思っている。

もともと組積造の文化で壁が分厚いことによるものなのだが
その壁の厚みによって切り取られる風景や、差し込む光、窓際の扱い方によって
ヨーロッパらしさが生まれている。

今回のように重量鉄骨造の場合、柱や梁を隠すのであれば
窓枠の見込み(奥行きを)を大きくする必要があって
結果的に壁が分厚くなってしまう。
その奥行きを利用して書類やカタログが入る収納を設置したのだが
それはそれで窓際の処理としてヨーロッパではよくみられる手法。

枠も針葉樹合板で木口を切りっぱなしのシャープな納まりとして
野暮ったくならないようにしている。
切り取られる風景や、入ってくる光もよりエッジがたって
清々しい印象になっている。

210413 壁の厚み_b0129659_08290224.jpg
210413 壁の厚み_b0129659_08272528.jpg
kenoba
辻健二郎建築設計事務所
Instagram

by tsuji-chika | 2021-04-13 08:43 | 『tke』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/30488905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 210414 detail 210412 朝日 >>