210915 ずらす

『砂山の家』

外壁の外に壁を一枚立てることで内部との境界をずらすことができる。
左側は玄関ポーチに立てた壁。

内と外を分ける手段が、外壁や窓だけとなると境界の選択肢がもの凄く少ない。

障子や、カーテンなども境界を演出する方法として有効ですが
今回のように本来あるべき壁の位置をずらすというのも
建築手法としてはバラガンや安藤忠雄が好例だと思う。

視覚的に閉じる壁が外にあることで
玄関ドアのまわりを大きな透明ガラス(FIX)とすることができた。
閉じつつ開く。面白いエントランスになると思います。

210915 ずらす_b0129659_11324914.jpg
kenoba
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2021-09-15 11:43 | 『砂山の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/30682695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 210924 2階の窓 210910 Nishiさん >>