211203 どこかで見たことがあるような

『砂山の家』

2階中央は少し広いスペースとなっていて
吹き抜けを介して1階ともつながり
中央には腰壁を利用しながら机を作りつけた。
この机にはPCを置いてちょっとした作業や物書きなどもでき
各寝室の中央に位置することもあり様々な使い方が想定される面白い場所。

現場を散策していると天窓から光が差し込み
エッジの効いた腰壁が作る深い堀(井戸)のような吹き抜けに足を止めた。

どこかで見たことがあるような・・・。

ラ・トゥーレット修道院
コンクリートの量塊に穴を開けそこに落ちる光。
ただの吹き抜けにそんなことを感じるのはマニアックな話ではあるのですが
天板や枠廻りを10mmに抑えることで輪郭が立つ。
detailのなせる雰囲気だなぁ~と改めて実感。

■彫刻的な雰囲気が漂う空間
211203 どこかで見たことがあるような_b0129659_17061404.jpg
211203 どこかで見たことがあるような_b0129659_17061923.jpg
kenoba
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2021-12-03 17:27 | 『砂山の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/30859434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 211208 写真から学んだこと 211201 熊野古道を歩く... >>