211220 建築の寿命

近所の解体現場、和大宿舎の建物。

あまりの迫力にカメラを持っていって撮影をさせて頂いた。

解体現場をみる度に思うことは建築の寿命について。
①老朽化により物理的に寿命になったもの
②機能的な役割が時代に合わず寿命になったもの

このどちらかなぁという意識で
そのあらわになった断面を見ている。
今回のケースは①②どちらもありそうですが
街中を観察していると②の機能的な役割を終え解体されるものが圧倒的に多い。

建築を作る側としては普段は①に対して注意を払う。
しかし、実態は②について考えることの方が建築の寿命を延ばす
ことにつながると思う。

211220 建築の寿命_b0129659_16502559.jpg
211220 建築の寿命_b0129659_16503028.jpg
kenoba
辻健二郎建築設計事務所
Instagram

by tsuji-chika | 2021-12-20 16:59 | 海南市の風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/30892731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 211223 選球眼 211218 サーキュレーター... >>