211223 選球眼

『砂山の家』

サンプル見本を作成頂き仕上げを決定していく。

KOBAUにフェザーフィール塗り/プラネットジャパン
シナ合板にEP塗りと拭き取り仕上げ
モラート塗り/フッコー
ラミナム/ラミナムジャパン
カーペット
と。

どれも微妙なニュアンスの違いを表現できる材料。
例えば、フェザーフィールには白ベースに
黒顔料を0.05%入れて頂いていたりする。
こうなると無限の組み合わせとなり迷宮に入る。

論理的に、「そっちはこーだからこっちはこうする」という攻め方もあるが
結局は理屈よりも直観がものを言う。

今回は、いくつかあるサンプルの中から
お施主さんの選球眼でテキパキと決めて頂いた。
全体の調子が整いキリっとした中に温かさを感じる仕上げになると思います。
楽しみです。

211223 選球眼_b0129659_07520946.jpg
kenoba
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2021-12-23 08:12 | 『砂山の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/30898042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 220105 初心に返る 211220 建築の寿命 >>