220326 建築家 (故)宮脇檀

目を養い手を練れ、今も書棚に鎮座し
そのタイトルはじわぁっと建築に取り組む姿勢を正してくれる。

日方さんに現場をして頂いた時に
宮脇檀(まゆみ)さんが手掛けた物件が和歌山に2件あることを聞いていた。
(日方さんは2件目を工事された。)

旧R邸(本来は個人名称が付けられていますがここではイニシャルにしておきます)。
オーナーさんがかわり、という名称で
リフォームをさせて頂くことになりました。

作品集を見ると1982年竣工(築40年)。
ご夫婦とお子様1人の為の住宅。
RC造地上3階、延床面積149.12㎡とあります。
当時は打ち放し仕上げ。補修の為、塗装がされています。
場所は和歌山市内。古い住宅地の角地。

工事が始まる前に、元の状態を撮影させて頂きましたので
宮脇檀ファンの一人として少しずつご紹介させて頂ければと思います。

■スマートの高さは1540mm
220326 建築家 (故)宮脇檀_b0129659_06244182.jpg
ご興味のある方は作品集にも掲載されています。
宮脇檀さんファンのtkeのお施主さんから借りました(ありがとうございました)。
220326 建築家 (故)宮脇檀_b0129659_06242761.jpg
220326 建築家 (故)宮脇檀_b0129659_06242876.jpg

kenoba
辻健二郎建築設計事務所
Instagram

by tsuji-chika | 2022-03-26 07:33 | 『m』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/31116054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 220328 スケール感 220318 植栽工事 >>