220715 鈴木屋敷02

再び鈴木屋敷の工事現場を見学させて頂きました。
前回からは工事も進み、玄関部分が復元され全体像がはっきりしてきています。
今は大工さんが4,5人入って造作工事の真っ最中。

現場に足を踏み入れると
気の遠くなるような仕事があちこちにあって
これは・・・、凄いなぁとそのかけられた手間に息をのむ。
少しでもお伝えできればということで、写真をもとに紹介させて頂きます。

■玄関部分が復元されています
220715 鈴木屋敷02_b0129659_13112647.jpg
■本体は残っていたようなのですが他は朽ち果てていた
■建物の外観は写真をもとに復元 高さ関係なども納まるように考えられている
220715 鈴木屋敷02_b0129659_13121123.jpg
■左官下地の竹小舞:今はこれを編む職人がいなくなったので大工さん自ら編んだとのこと
220715 鈴木屋敷02_b0129659_13115029.jpg
■貫き:今では金物を使うところ
220715 鈴木屋敷02_b0129659_13115627.jpg
■野地板は柿渋の古色で塗装:後からは塗れないので先に塗っている
220715 鈴木屋敷02_b0129659_13120565.jpg
■敷居:当時の青石に合わせて削っている
■こういう復元工事の場合 青石を勝手に並べ替えたり動かしては駄目みたいです
■元ある状態を前提にそれに合わせにいく
220715 鈴木屋敷02_b0129659_13121663.jpg
■藁すさ入りの左官下地:乾燥中
220715 鈴木屋敷02_b0129659_13122140.jpg
■柱にホゾ(凹部)があるので当時の床の高さがこれでわかる それに合わせて床を作る
220715 鈴木屋敷02_b0129659_13123403.jpg
■残せるものは可能な限り残す
220715 鈴木屋敷02_b0129659_13124000.jpg
■もともとの柱に新しい梁を組んでいる 柱立っている状態で加工したのかな
220715 鈴木屋敷02_b0129659_13124565.jpg
■柱の足元が朽ちていたので接木している
220715 鈴木屋敷02_b0129659_13125126.jpg
■普段の現場ではあまりみない道具
220715 鈴木屋敷02_b0129659_13125764.jpg
220715 鈴木屋敷02_b0129659_13130208.jpg
■新しい梁と野地板のコントラスト
220715 鈴木屋敷02_b0129659_13131312.jpg
■丸太梁:これどうやって固定されているんだろう
220715 鈴木屋敷02_b0129659_13131879.jpg
■接木(つぎき):えいやって切ってしまえば接木も楽なのに  大工さんの意地を感じる
220715 鈴木屋敷02_b0129659_13132495.jpg
■プラスターボードや合板を使わない空間
220715 鈴木屋敷02_b0129659_13133016.jpg
■竹木舞に左官の下地がくらいつく
220715 鈴木屋敷02_b0129659_13133866.jpg
■とにかく丁寧 手仕事の連続
220715 鈴木屋敷02_b0129659_13134401.jpg
■先程の青石の形に合わせて敷居を削る
■楽しいですかって聞いたらにこにこされていました(笑)
220715 鈴木屋敷02_b0129659_13134994.jpg
■しぶき板
220715 鈴木屋敷02_b0129659_13135340.jpg
■しぶき板の足元も形をひらう
220715 鈴木屋敷02_b0129659_13135708.jpg
kenoba
辻健二郎建築設計事務所
Instagram

by tsuji-chika | 2022-07-15 13:56 | 海南市の風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/32045639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 220721 上棟 220713 1.3階 >>