080520 下屋の存在

以前、「身代りとしての下屋」というタイトルで、
下屋(平屋)部分が取り付くことでの効果について書きました。
今回はその続編ということで、書きたいと思います。
写真を見て頂くと一目瞭然、
下屋が取り付くことで、建物の横方向に広がりが生まれています。
2階部分の屋根と、平屋の屋根に重なりの効果も生まれ
実際現場に立つとその坪数(延べ39坪)以上の大きさが感じられます。
また、下屋が建物の重心をぐっと低く抑えてくれるので、
全体に安定感を生み出しているのがよくわかります。
この安定感というのはとても重要で、
建物の雰囲気を決定づける大事な要素となっています。

b0129659_1183759.jpg



ホームページ内容が更新されています。
by tsuji-chika | 2008-05-20 11:19 | 『大野中の家』
<< 080521 色を付けるということ 080518 「けらば」の出し方 >>