080626 監理業務

現場が始ると、
設計事務所の仕事は終わりなの?
という問いかけをされることがあります。

実際現場で作業しているのは、
工事を請け負った工務店さんが主体となります。

その時、設計事務所に求められるのはその工事を“監理”すること。
詳細についてはHPの[Q+A]にて書いているので割愛致しますが、
その業務の一つに施工図の承認作業があります。

施工図とは、
「工事を実施するのに必要な、仕上げの詳細を描いた図面」
のことをいい、

簡単に言うと、
「各工種ごと職人さん達が作業しやすいように、工務店さんが細かくわかりやすく描いた図面」
のことを言います。

設計図書が、
全体を表現しているのに対して、
施工図は、
細部を表現していると言われています。

設計意図がうまく伝わっているか、
諸所多くの事項についてチェックを行い、
最終の承認を出します。
基本的には、承認印がないと現場作業が進められないことになっており、
とても神経を使う作業になります。

■「大野中の家」での家具の承認図。赤で訂正・指示を加えていき現場とのやりとりを行います。
b0129659_9324599.jpg
by tsuji-chika | 2008-06-26 09:35 | 『大野中の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/8888994
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 080627 アプローチ 080625 様々な職種 >>