080711 内壁

内壁が作られていくと部屋の輪郭がはっきりしてきます。
壁に張られているのはPB(プラスターボード)といい、
どの建物にも使われていると言っていい程、
最もポピュラーな内壁の下地材です。
このPBの上に仕上材を貼ったり、塗り付けたりしていきます。

PBが張られると、
光りは窓から限定されるようになるので、部屋全体に陰影がつくようになります。

PBはくすんだ色をしているので、
部屋の印象が暗く写りますが、
この上から仕上げを施すことで、印象ががらりと変わっていきます。

b0129659_1022786.jpg
by tsuji-chika | 2008-07-11 10:03 | 『大野中の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/9022680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 080712 暖気は上へ 080710 サンプル集め >>