2008年 07月 07日 ( 1 )

080707 yamanacasa

別荘を設計監理させて頂くことになりました。
場所は富士五湖で有名な山中湖の近く。

名は、【yamanacasa(ヤマナカーサ)】。
“casa”はスペイン語で“家”という意味。

東京に住む、定年を迎えられた夫婦の為のセカンドハウス。

求められたのは、(以下設計要望書より抜粋)
「簡素で風土や風景の中によくおさまり馴染んでいる家。
・・・(中略)・・・
さらに言えば環境から突出しないで、一見何でもないように見えて、
周囲の風景や家と調和しそれらを引きたてる役割もしている家。」
そしてそれらをあらわすものとして、【気品のある家】ということがあげられました。

現地調査を終えてから、
他諸室等についての細かな要望をお聞きした上で提案させて頂いたのが、以下の建物。

延べ床面積は、35坪。
読書好きのご夫婦の為に書斎が2つ。
吹き抜けを介してつながる、包まれるような一室空間が特徴です。
設計のプロセスについては追って書いていきたいと思います。

週末を利用してプレゼンテーションをさせて頂き、
今回発表させて頂くことになりました。
竣工は1年後。冬季は工事ができないとゆうこともあり、
ゆっくり時間をかけて進めて行くことになります。

■敷地に建つyamanacasaのスケッチ
080707 yamanacasa_b0129659_10222687.jpg


■模型写真∥アプローチ側よりyamanacasaを見る
080707 yamanacasa_b0129659_10224345.jpg


■模型写真∥デッキテラス側よりyamanacasaを見る
080707 yamanacasa_b0129659_10225643.jpg
by tsuji-chika | 2008-07-07 10:55 | 『山中湖の家』 | Trackback | Comments(0)