2009年 06月 08日 ( 1 )

090608 通気層

昔の家と、今の家の作り方で大きく変わった所は
外壁と柱の間に、通気層をとるようになったところ。
部屋の中は大壁(柱を表に出さない工法)で納められるようになったので、
柱は通気層を介して空気と触れる必要があります。
外壁から万が一雨が入った場合でもこの通気層から水が抜け、
室内からの湿気も外に排出してくれるすぐれものです。

あくまでもきっちり施工されていることが前提。
穴のピッチを計算し、また胴縁もきっちりと空気道を確保しています。

■丸穴が外部とつながる所
■板壁(たて張り)部:横胴縁(胴縁が横の場合下から上に抜ける空気道が必要)090608 通気層_b0129659_16153377.jpg
■左官部:竪胴縁
■青の部材:虫が入らないように設置します(フクビ:防虫通気材)
090608 通気層_b0129659_8543966.jpg

辻・近川建築設計事務所∥海南市 設計事務所 和歌山 建築 辻 近川 建築設計事務所∥

by tsuji-chika | 2009-06-08 08:57 | 『大野中の家2』 | Trackback | Comments(0)