2011年 06月 23日 ( 1 )

110623 アントニオレーモンド

津村建具さんの作業場。
いつもこの小屋組みには感動させられます。
細い丸太をトラスに組み作業場に必要な大スパンを実現しています。
距離を測ってみると8m(約4.3間)。住宅の木造の場合は通常2間。

当時の大工さんが知恵をしぼりながら建てたのだと思いますが、
細い丸太という限られた材料で見事な空間を実現しています。

■柱と梁を掛け渡すように付けられた斜材などはアントニオレーモンドを彷彿とさせます
110623 アントニオレーモンド_b0129659_855222.jpg110623 アントニオレーモンド_b0129659_855987.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2011-06-23 09:14 | 『その他』 | Trackback | Comments(0)