2012年 10月 31日 ( 1 )

121024 kidsroom

『重根の家2』

子供部屋をどのようにつくるか。
クライアント毎にその考え方が様々で
部屋としてきっちりととり一番良い日当たりの部屋とする、
リビングの横に配置し出入りがわかるようにする、
6畳一部屋は必要なく最低限のスペースで良い、・・・等々。

また、年配のクライアントの場合
そもそも子供部屋が必要でなかったりするので
長い期間で考えると子供の為に作った立派な部屋が
将来、物置部屋になっているという話もよく聞きます。

子供部屋に関しては
壁で囲ってしまうのではなく成長の度合いに合せ
融通の効くスペースを確保しておくというのが正解のように思います。

■梁の下端で1,900mm 廊下部分とゆるやかに区切り上はロフト
121024 kidsroom_b0129659_815513.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2012-10-31 08:42 | 『重根の家2』 | Trackback | Comments(0)