2013年 03月 20日 ( 1 )

130320 CH2000mm

天井高さ2000mmの喫茶店。
あまりにも低いのでワクワクしながら中に入ってみた。
場所は、心斎橋大丸の1.5階?のラウンジスペースのようなところ。

住宅を考える時
立った状態を常とするのか座ったときを常とするのかで
天井高さの考え方が変わってくる。
どちらの状態を中心に考えるかは、
言うまでもなく(座ってごろごろしている時間の方が長い為)座った時を常。

座った時に落ち着く雰囲気を作るには天井高さは抑え気味にした方が良い。
(大野中の家2http://tsujichika.exblog.jp/i14/)
これまでは、木製建具が反りにくい限界、2,200mm~2,250mmが多かったのですが
今回見つけた喫茶店は2,000mm。梁下端では1,800mm程度。
こういう普段経験することの無い空間は、積極的に体感しておくべきで
コーヒーをのみながら落ち着き具合を確認。
ダイニングスペース(山中湖の家http://tsujichika.exblog.jp/16527765/)や
リビングのコーナーにこのような天井高さはとても良いと思う。

■座っている人と天井高さのバランスがとても良い 落ち着いた雰囲気が漂います
130320 CH2000mm_b0129659_5595355.jpg
130320 CH2000mm_b0129659_5594435.jpg
summar f=5cm 1:2  辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2013-03-20 06:23 | 大阪の風景 | Trackback | Comments(0)