2014年 03月 07日 ( 1 )

140307 灯台下暗し

『毛見の家』

薪ストーブというのは
夢があってとても良いアイテムなのですが薪の確保が大変。
山中湖の家ように寒冷地の別荘地となれば
需要が多いのでそれに答える店も比較的楽に見つかる。

それが温暖な和歌山となれば
山でももっていないかぎり
薪を手に入れることが大変で
主要な熱源として期待することは難しい。
飾りになってしまう家が多くなるのはこれが理由。

しかし今回は建具屋さんのご自宅。
薪ストーブの話を聞いたとき思わず膝をうってしまった。

■煙突の貫通部の納まり:屋根材とハゼを作ってシンプルに納めています
立ち上がりを設けないことで枯葉等が溜まらないきれいな納まり
(カサナカさん見事です!)
140307 灯台下暗し_b0129659_8232571.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-03-07 08:43 | 『毛見の家』 | Trackback | Comments(0)