2014年 05月 21日 ( 1 )

140521 外向きのデイ

『サービス付き高齢者向け住宅+デイサービス和が家』

オーナーと色々な施設を見学させて頂いて感じたのは
外に出られる、外の景色を眺めるように計画された施設が少ないこと。
利用者は大きなテーブルを囲うように座り
大きなテレビの前で長い時間を過ごしている。
施設内で完結した内向きのデイ。

子供と一緒に遊んでいる
部屋の中で長時間過ごすよりも、外に出て近くの公園などに出掛けた方が
一緒に遊ぶ親としても気が晴れてこころよい
それだけ外には情報や変化、感じることがたくさんあるのだと思う。
外に出られる、外を感じられる仕掛けは
利用者はもちろん、一緒に時間を過ごすスタッフにとっても良いことだと言える。

外向きのデイ。
デイサービススペースの廻りに
1間半(2,730mm)の深い軒を掛けることで
内と外の間に半屋外スペースを作る。
軒下は雨に濡れることはなく
日向ぼっこをはじめ、収穫した野菜を干したり
夏には祭りといった様々なイベントに利用される。

わざわざ建物を横に振って確保した広い庭は
手を掛けながら四季の変化を楽しめるようにしたい。

外向きのデイ。乞うご期待!

龍神から木が届きました 感慨深い再会
140521 外向きのデイ_b0129659_8434080.jpg
140521 外向きのデイ_b0129659_8435229.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-05-21 09:15 | 『WS』 | Trackback | Comments(0)