2018年 04月 03日 ( 1 )

180403 鉛筆

春休みの宿題をする息子の様子を見ていてふと思った。

鉛筆を使っている。

シャーペンの存在を知らない彼は
あたり前のように鉛筆を使っている。

自分に置き換えると
中学校に入り、シャーペンを手にした時はすごく大人になったように感じた。
その後、ドクターグリップや、フォルダー、製図ペンとなり
今ではフリクションボールペンとなった。
その変遷は、腕が疲れない、かっこいいから、書きやすいから、削りカスが出ないから
道具を変えることで効率、使い勝手を良いものにする為のものだった。
即効性があり一定の満足が得られた。

効率、改善、新技術、建築も同じように日々進歩しているように見える。
しかし、すべてが万事良くなっていると考えるのは危険だと思う。

「進歩の影で失ってしまったものは何か?」
だからあえて鉛筆を使ってみることにした。

回顧礼賛になる必要はないが、それを丁寧に考えることを続けていきたい。
これから先、個人の設計士の存在意義はそこからしか生まれてこないと思う。

■外国に行けばボールペンで勉強している子供が多い。
日本の子供が鉛筆を使うことで得られる何かがあるはず。
b0129659_1132030.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2018-04-03 11:52 | 道具