2018年 10月 31日 ( 1 )

181031 高さ=居心地を調整する

アメリカはポートランドの代名詞的なホテル、エースホテルのロビー。
天井の高いゆったりとした空間に、ダークブラウンに着色した腰壁が空間に落ち着きを与えている。
居心地の良さは、重心をグッと下げる腰壁の存在感。

『日方の家』
もともとの、天井高さが2m50cmの部屋。
立って移動する分には良いが、ソファーに座ったり、くつろいだりするには少々高い。
見た目の重心を下げる為、2m20cmの高さに腰壁を張った。

装飾的な巾木、廻り縁を付けてしまうとアンティークになりすぎるので
すっきりとした角材を使用している。

■明るい印象になるように腰壁は透明のワックス仕上げとした。少しずつ日に焼け飴色になる
b0129659_16514236.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2018-10-31 17:18 | 『日方の家』 | Trackback | Comments(0)