カテゴリ:『大野中の家2』( 55 )

090512 地窓

床に這うように設けられた窓を地窓といいます。

周囲を建物で囲われた、『大野中の家2』の寝室では
効果的な光を取り入れる為、床面を明るくしてくれる地窓を採用しています。
寝室である以上、周りからのプライバシーを確保しながらということになります。

内障子がついて、窓の向こうには新設する板塀が見えるようになります。

■壁はもちろん 天井にも断熱材を敷込み防音に配慮しています
■音が吸収される静かな部屋になりそうです
090512 地窓_b0129659_8335541.jpg


辻・近川建築設計事務所∥海南市 設計事務所 和歌山 建築 辻 近川 建築設計事務所∥

by tsuji-chika | 2009-05-12 08:39 | 『大野中の家2』 | Trackback | Comments(0)

090509 路地

少し離れたところに車を停め、
路地を右、左と何度か通り抜けて現場に向かいます。

『大野中の家2』の玄関へは、
主屋との間の軒下をくぐってアプローチするようになっており、
路地がずっと延長されて、玄関につながっていく構成となっています。

道路側に面して建物を開かなかったのは、
あくまでも主屋に対しての増築であるという意思表示。
若家族がお住まいになる主屋との接続を中心に玄関の位置が決定されています。

■路地:人の敷地を通り抜けるような雰囲気があります
090509 路地_b0129659_10331360.jpg

■建物の袖から引き込まれて玄関にアプローチします
090509 路地_b0129659_10333321.jpg


辻・近川建築設計事務所∥海南市 設計事務所 和歌山 建築 辻 近川 建築設計事務所∥

by tsuji-chika | 2009-05-09 10:45 | 『大野中の家2』 | Trackback | Comments(0)

090428 気持ち良い現場

棟梁が帰られた後の誰もいない現場。
写真からもおわかり頂けるように、
きっちりとホウキで掃かれ、漂う空気が澄んでいるのが伝わってきます。
「仮設トイレの中も棟梁自ら掃除して下さっている」とクライアントから教えて頂き、
皆、気持ち良いと感じられる現場となっています。

090428 気持ち良い現場_b0129659_8222192.jpg
090428 気持ち良い現場_b0129659_8223351.jpg

辻・近川建築設計事務所∥海南市 設計事務所 和歌山 建築 辻 近川 建築設計事務所∥

by tsuji-chika | 2009-04-28 08:29 | 『大野中の家2』 | Trackback | Comments(0)

090423 屋根工事-仕上げ-

『大野中の家2』の屋根は、ガルバリウム鋼板葺き。
今回は周辺を建物に囲われ、平屋である為
ほとんど屋根は見えませんがきれいに葺きあがっています。

屋根を構成する材料、
野地板、下地、仕上げ材料はすべて軒先から順番に張っていきます。
水が入り込まないように上へ上へ材料を重ねていくからです。

■単純な切妻屋根ということもあり作業はスムーズに進行しました
■上棟から2週間で屋根が仕上がりました
090423 屋根工事-仕上げ-_b0129659_892769.jpg


辻・近川建築設計事務所∥海南市 設計事務所 和歌山 建築 辻 近川 建築設計事務所∥

by tsuji-chika | 2009-04-24 08:18 | 『大野中の家2』 | Trackback | Comments(0)

090423 事前確認

現場が始ると、諸所の納まりについて施工図(せこうず)が描かれます。

CAD(パソコンを使って作図)で作図する前に、描く内容について事前確認が行われます。
監督⇔設計事務所との間で、
FAXを中心とした手描きのスケッチによるやり取りが繰り返され、
一つの納まりについて何度もFAXが行き来します。

■『大野中の家2』で交わされた事前確認の為のFAX 
■現時点でファイル一冊分になっています
090423 事前確認_b0129659_8422989.jpg


辻・近川建築設計事務所∥海南市 設計事務所 和歌山 建築 辻 近川 建築設計事務所∥

by tsuji-chika | 2009-04-23 08:57 | 『大野中の家2』 | Trackback | Comments(0)

090421 共有化

パソコンの普及により、
情報の共有化があちこちの業界でどんどんと進められています。
当事者でなくても今起こっている問題について関心が持てるようにというのが大きな目的です。

小さな建物一つについても
同じものを作っているもの同士その意識はとても重要で、
各職人ごとに縦割りの構成になっていると、
それぞれがぶつかるところでは必ず問題が起こります。

現場に貼られている施工図面。
各場所ごとに作成され、施工するすぐ近くに掲示されています。
実際と、図面を見比べながら作業できるようにとの配慮。
このような一手間は、
工務店さんというより監督さんそれぞれによるものが大きいです。

僕自身現場に足を運んで、再確認するのにもとても役立ちます。
今回は鴨居の納めかたに変更を指示させて頂きました。

090421 共有化_b0129659_828134.jpg


辻・近川建築設計事務所∥海南市 設計事務所 和歌山 建築 辻 近川 建築設計事務所∥

by tsuji-chika | 2009-04-21 08:39 | 『大野中の家2』 | Trackback | Comments(0)

090417 野地板

『大野中の家2』では、野地板にスギの荒板を用いました。
建物の形状が単純で、平屋建て、梁高さでの水平剛性もきっちりとれるので
構造用合板に頼らずに荒板を採用しました。

この上にさらに、防音の為にインシュレーションボードを張り
仕上げのガルバリウム鋼板を葺いていきます。

■野地板が張りあがった状態 大きな生き物の背中を見ているようです
090417 野地板_b0129659_8391784.jpg

辻・近川建築設計事務所∥海南市 設計事務所 和歌山 建築 辻 近川 建築設計事務所∥

by tsuji-chika | 2009-04-17 08:46 | 『大野中の家2』 | Trackback | Comments(0)

090413 屋根工事

垂木、破風、野地板、面戸板、鼻隠し、淀、広小舞、笠木、唐草と
屋根に関する部材を一つずつ丁寧に取り付けています。

野地板を張るとだいぶかっこうがついてきます。
屋根が張られると、室内の様子もなんとなく見えてきます。
居間の天窓から光が差し込みます。
仕上がった時どのような光が落ちてくるかとても楽しみです。

090413 屋根工事_b0129659_814325.jpg
090413 屋根工事_b0129659_8142389.jpg

辻・近川建築設計事務所∥海南市 設計事務所 和歌山 建築 辻 近川 建築設計事務所∥

by tsuji-chika | 2009-04-13 08:19 | 『大野中の家2』 | Trackback | Comments(0)

090407 上棟

ご近所の方が集まってきて立ち話をしていかれる環境。
向こう三軒両隣、建物が建つことは少なからずご近所にも影響を与えます。
建物の骨格が一日で立ち上がる棟上は、お披露目式のようなもの。
まな板の上の鯉になったつもりで、その状況を見守っていました。

■小さな切妻屋根の家の骨格ができました
090407 上棟_b0129659_8271714.jpg090407 上棟_b0129659_8272798.jpg
090407 上棟_b0129659_8274183.jpg090407 上棟_b0129659_831345.jpg


辻・近川建築設計事務所∥海南市 設計事務所 和歌山 建築 辻 近川 建築設計事務所∥

by tsuji-chika | 2009-04-07 08:41 | 『大野中の家2』 | Trackback | Comments(0)

090406 棟上

朝から快晴となりました。
本日『大野中の家2』上棟です。

※余談:昨今 日曜日に棟上げをすることが少なくなりました。
近所の方々がお休みということもあり、朝からトンカンするのが迷惑になるという配慮からです。
日曜日に棟上げをする際は近所の皆様に周知と、時間的な配慮が必要です。

■土日と雨に濡れないようにブルーシートがきれいにかけられています
■一手間ですが うれしい配慮です
090406 棟上_b0129659_8455625.jpg

辻・近川建築設計事務所∥海南市 設計事務所 和歌山 建築 辻 近川 建築設計事務所∥

by tsuji-chika | 2009-04-06 08:50 | 『大野中の家2』 | Trackback | Comments(0)