カテゴリ:『T』( 19 )

100311 押出成型セメント板

大野中の家3∥湊の家 ∥赤坂台の家∥T∥House K

外壁は押出成型セメント板
(無機質繊維・セメント・混和材・水を混合し、押出成形し、養生してつくられる壁パネル板のこと)。
鉄骨造で使われることの多い、ALCに吹付仕上げと違い
作業工程が1回で済み(塗装が必要無いので張って終わり)、
長期的に塗り替えのメンテナンスが必要ないこと等からこの材料を選択。
今回の規模で費用増としては、
足場を組んで外壁を1回塗装をすると元がとれます。
上記は機能的側面。
それ以上に、
鉄骨造特有の軽さが無いのでグレートーンで落ち着いた仕上げになることが採用理由。
裏が山に接し、少し高台にある場所。
(大げさに言うと長いアプローチも含め神殿が建っていてもおかしくないような場所)
軽い材料でポップに仕上げてしまうと文字通り見た目もローコストの建物に。
建物も小さいので近くの量販店に呑み込まれないようにどっしりと重みを持たせました。

■左:室内が白に塗装され明かりが灯ると中の様子がとても暖かく見えると思います
■右:中央に天窓がスッと通っているのがわかります
b0129659_8381556.jpgb0129659_8383075.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南
by tsuji-chika | 2010-03-11 09:10 | 『T』

100224 嵐の前の・・・

大野中の家3∥湊の家 ∥赤坂台の家∥T∥House K

今週はじめから外壁工事を行っています。
外壁⇒サッシ⇒塗装を行い設備関係の取り付けと工事が進んでいきます。

■土間も打ち終わり外壁の到着を待っています
■穏やかな海から心地良い風が吹いてきます
b0129659_841518.jpg



辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南
by tsuji-chika | 2010-02-24 08:08 | 『T』

100218 二重折半

大野中の家3∥湊の家 ∥赤坂台の家∥T∥House K

鉄骨造で屋根の定番といえば折半屋根。
工場を始め多くの店舗等でも使われています。
コストを抑える必要はありますが最低限の断熱性能も担保したい。
その間で今回採用したのが折半2枚重ね、
その間にグラスウールをサンドイッチする方法。
当初は折半屋根専用の成型された断熱材を考えていましたが
こちらの方がローコスト。
汎用性のある材料を工夫して使うというのがコストダウンのポイント。
こういった納まり専用にスペーサーとなる金物がちゃんと用意されいるとは
皆考えることは同じ・・・。

b0129659_15274387.jpg
b0129659_1528241.jpg
b0129659_15371491.jpg



辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南
by tsuji-chika | 2010-02-18 15:39 | 『T』

100216 タダカサネルダケ

大野中の家3∥湊の家 ∥赤坂台の家∥T∥House K

作業場や倉庫等で見て、いつかで試してみたいと思っていた納まり。
折半屋根の一部分が半透明になることでトップライトとして光が降り注ぎます。
考えられるトップライトの中で最も簡単な納まりではないかと思っています。

■二山分をトップライトとして光の存在を演出していますb0129659_11571100.jpg


辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南
by tsuji-chika | 2010-02-16 12:06 | 『T』

100208 水面下

大野中の家3∥湊の家 ∥赤坂台の家∥T∥House K

屋根、外壁、サッシの取り付けに向け工務店さんとの細かな調整が続きます。
今回の建物はほとんどスケルトン(骨組みだけ)の状態での仕上がりということで
設備の配管等この段階でほぼ決定しておく必要があります。
水面下では施工図等で承認が行われ、現在製作に入って頂いております。
取り付けに入るとバタバタと様相が変わってきます。

b0129659_9105915.jpgb0129659_9113469.jpg
b0129659_912543.jpgb0129659_9122125.jpg


辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南
by tsuji-chika | 2010-02-08 09:25 | 『T』

100123 『T』~上棟~

大野中の家3∥湊の家 ∥赤坂台の家∥T∥House K

タイトルが昨日と同じ日付。
『赤坂台の家』と『T』と同時に上棟を迎えました。
近川君に赤坂台へ行って頂き私は田辺へと・・・。
事務所にとってはとてもめでたい日を迎えました。

建物について。
今回の計画は構造体あらわし(鉄骨むきだし)である為
上棟時に見える鉄骨がそのまま室内の意匠としてあらわれてくるということで
現時点で大よその雰囲気を想像することができます。
なんと言っても中央の階段(半外部になっています)の存在。
室内を分断するように斜めに堂々と居座っています。

おもしろいのは階段が奥に向かってかかっている為
店舗入り口側から見るのと奥からとではがらりと室内の印象が変わるということ。
階段まわりはサッシでぐるりと囲まれるのでガラス越しに向こうの室内が見える等
ダイナミックな空間になっています。
4月中旬の竣工に向けどんどんと工事が進んでいきます。
工事を請け負って頂きました株式会社山幸様には引き続き安全第一をお願いしたいと思います。

■仕上げの塗装色に影響する為鉄骨の錆止めが緑色
b0129659_921173.jpgb0129659_9211318.jpg

b0129659_9212911.jpgb0129659_9214581.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-01-24 09:45 | 『T』

100121 鉄骨加工工場へ

大野中の家3∥湊の家 ∥赤坂台の家∥T∥House K

鉄骨造の場合、「製品検査」の為監理者が工場を訪問する。
目的は仕口・継手の確認、また手摺などの詳細部の打ち合わせ。
木造とは違い、
製作段階で諸所詳細を詰めておかないと組みあがってから変更ができません。
現場は今週末の「建方(タテカタ):上棟のこと」を待って静かなものですが
水面下では着々と作業が進められています。

手摺の詳細を詰める際
実際の角鋼を見せて頂き強度を確認しながら採用する大きさを決定させて頂きました。
木造とは違い同じ断面でも思っている以上に長いスパンを飛ばせることを体感し
月並みではありますが、やはり「図面ではわからないことがたくさん・・・」と実感しました。

■左:木造とは違い単体で見ると無愛想・・・
■右:柱、梁を接合するブラケット
b0129659_8301971.jpgb0129659_830334.jpg

■左:開先加工の確認 空き寸法及び開先角度の確認を行う
■右:建方を待って現場は整然としています
b0129659_830507.jpgb0129659_831394.jpg


辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-01-21 08:54 | 『T』

091226 敷地

大野中の家3∥湊の家 ∥赤坂台の家∥T

敷地は、田辺ICをおりて白浜に抜けるバイパスからすぐ近く。
近年山を切土して開発が進められ近くには大型家電量販店や
車用品の店、ファミリーレストランなどがたちならびます。

バイパスから街区に進入しゆるやかに勾配がついた坂をあがっていくとその真正面。
『湊の家』と同じく正面がすべての敷地条件となります。

高台になっている為、2階からは遠くに海が見える予定。
裏山の緑と、暖かい日差し(海南から田辺にいくと少しあたたかい)、
そしてゆっくり沈んでゆく夕日と・・・。
バイパスの近くではありますが自然環境を取り入れることで
南国特有のゆったりとした時間が流れる店になると思います。

敷地:225.59㎡(68.24坪)
延床:213.50㎡(64.58坪)
2階∥鉄骨造
b0129659_8565051.jpg
b0129659_857312.jpg


辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2009-12-26 09:09 | 『T』

091223 『T』

大野中の家3∥湊の家 ∥赤坂台の家∥T

和歌山県は田辺市で店舗(鉄骨造2階)の新築をしています。
オーナーは株式会社イクロス様。
カーテン等を扱うインテリア事業部のインテリアショップが1階に入り
2階はテナント(2コマ)として貸し出されます。

■構成
3つのお店が複合するとあってそれぞれの存在が相乗効果をあげるよう
階段(共用部)を中央に配し1階のお店の様子を伺いながら2階にアプローチする
構成となっています。2階の正面向かって右左に2つのテナントを振り分け
カフェと美容室、フラワーアレンジメント教室と雑貨店といったようにそれぞれが
関連性をもったサービスを提供することで店舗一体となってお客さまを呼べるように
考えています。

サバンナ効果
店舗設計の場合、
コスト、床面積の大きさ、機能的側面、法規の制約等から設計の自由度と
いうのはそれほど大きくありません。方程式を解くように諸条件をクリアして
いくのですが、その際「光」の扱い方については設計側に自由度が与えられている
と思っています。
以前紹介させて頂いたサバンナ効果という手法。
いかに建物に入りやすくするかということをコンセプトに建物の背面上部に開口部を
取って裏山から自然光を取り入れるように窓を計画しました。
通常照明などで奥を明るく照らすのですが、
立地条件などを考え気持ちのよい雰囲気が作れるように自然光を取り入れるようにしています。
明るい店内になると思います。

現在、現場は基礎工事を行っています。1月中旬に上棟を行います。

b0129659_9134774.jpg


辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2009-12-23 09:59 | 『T』