カテゴリ:『京都の家』( 34 )

181017 結界

『京都の家』

仏間と洋間が連続する空間のつながりは非常に難しい。

36mmの厚さの建具一枚で調和をはかった。
つなぎつつ、さえぎる。心理的な境界。この建具は結界として機能する。

b0129659_1723431.jpg
b0129659_17235517.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2018-10-17 17:29 | 『京都の家』 | Trackback | Comments(0)

180929 敷地を読む

敷地を読む(https://tsujichika.exblog.jp/26837793/)ことで
建築の『馴染み』がより強いものになると思う。

敷地の高低差を建物の形状、間取りに反映させることで生まれた
屋根の重なり、スロープ等は、この家の大きな特徴となり、とても力強い個性となった。

この個性は年月を重ねても変わることなくあり続ける。

b0129659_9582788.jpg
b0129659_9583461.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2018-09-29 10:12 | 『京都の家』 | Trackback | Comments(0)

180928 竣工写真

『京都の家』

引渡しをさせて頂き半年が経過した京都の家。
秋雨の間を狙って、竣工写真の撮影を行いました。

半年が経つと
木が少し大きくなり、芝生が馴染み、銅板が落ち着き、枠や軒裏、床材の木が少し焼け
それらが合わさって、重み、風格が漂い始めます。

b0129659_9264457.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2018-09-28 09:36 | 『京都の家』 | Trackback | Comments(0)

180426 新緑

『京都の家』

b0129659_834419.jpg
1ヶ月ぶりに京都へ。
枯れ色だった庭木が、新緑に色づきまた違った雰囲気が漂っていた。
また改めて竣工写真を撮らせて頂きます。

b0129659_834532.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2018-04-26 08:42 | 『京都の家』 | Trackback | Comments(0)

180303 点景

『京都の家』

灯篭、石、台杉、苔。
もともと敷地内に置いてあったものを一度撤去し再配置して頂いた。

それだけでもう年月を重ねた雰囲気が漂う。

間に、紅葉や、アジサイ、ツツジ等を入れて頂いて
最後は京都で採れる砂利を敷いて整える。

植栽は最小限とし砂利で余白をつくる。

■縁の下にある資材が置かれた石は3.9トン
■右奥の石は2.9トン
b0129659_811020.jpg
辻・近川建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2018-03-03 08:21 | 『京都の家』 | Trackback | Comments(0)

180302 軒下

『京都の家』

勝手口から、玄関までのアプローチ。
建物の軒下を利用することで雨を避けて歩くことができる。

敷地の高低差
どう処理するかは、今回の計画では大きなポイントだった。

スロープと屋根の高さがギリギリの高さで対応するところなどは
緊張感があってとても良いと思う。

左は駐輪スペース。
正面はプライベートスペースへの結界を示す格子、場が締まって良い雰囲気になっています。
b0129659_8313768.jpg
辻・近川建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2018-03-02 08:41 | 『京都の家』 | Trackback | Comments(0)

180301 枯れた色

『京都の家』

外構残工事の確認で京都へ。
新宮に行くようになってから、京都が近く感じるようになり
何年も京都に通ったことで、京都に行く感覚が最初の頃とは随分違うものに変わった。

冬の終わりが近づき春が待ち遠しい。

■中庭には芝生が敷かれています 外壁と木、芝の枯れた色のマッチングがとても良い
b0129659_8345890.jpg
b0129659_837855.jpg
辻・近川建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2018-03-01 08:43 | 『京都の家』 | Trackback | Comments(0)

180130 ランドリースペース

『京都の家』

黄砂、花粉、PM2.5、共働き、防犯・・・。
環境が変わり、ライフスタイルが変わることで
洗濯干し場の室内化を求められることが多くなってきた。

■洗濯室と玄関横のクロークとが小窓を介してつながる
b0129659_8544746.jpg
b0129659_854551.jpg
辻・近川建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2018-01-30 09:12 | 『京都の家』 | Trackback | Comments(0)

180125 完了検査

『京都の家』

風致地区の場合、通常の建築確認に対する完了検査以外に
風致申請に対する、完了検査が行われる。

風致申請とは、場所毎に意匠的な基準を定め
その場に合った建物が計画されているかを審査するもの。
その完了検査は計画通り建てられているか京都市の方に確認頂く。

なんとか検査も終了し
外構の残工事を残すのみ・・・。

■軒先が通り落ち着きのある外観になりました
b0129659_824382.jpg
b0129659_8244728.jpg
辻・近川建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2018-01-25 08:32 | 『京都の家』 | Trackback | Comments(0)

180119 合気道のように

『京都の家』

前面道路から1階の床まで1m5cmの高低差がある。
敷地を大きく削り、道路の高さに合わせると計画は簡単になるが
敷地条件が建物に反映されず、場所と建物が切り離された馴染みの悪い計画になる。

日本建築の醍醐味は
小気味良く分割された屋根が段違いで重なるところにある。

それは合気道のように
敷地条件を無理なく受け流した結果のあらわれで
無理がないから自然とその場に馴染む。

■道路側との間に擁壁を兼ねた壁を設けることでプライバシーを守りながら段差を解消している
b0129659_844676.jpgb0129659_8441574.jpg
b0129659_852148.jpgb0129659_8442966.jpg
辻・近川建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2018-01-19 09:03 | 『京都の家』 | Trackback | Comments(0)