カテゴリ:『三重の家』( 25 )

191125 fog

『三重の家』

朝5時に家を出ると、現場には8時30分につく。
ルートは、中辺路を経由して紀伊半島を横切る、信号がほとんどない整備された道。

■夜明けまで霧におおわれた
191125 fog_b0129659_9432996.jpg
191125 fog_b0129659_944360.jpg
191125 fog_b0129659_9451297.jpg
191125 fog_b0129659_9444261.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2019-11-25 09:48 | 『三重の家』 | Trackback | Comments(0)

191119 組み合わせで考える

『三重の家』

2階では窓の位置が高くなり、
床に寝転んで外を見ることができないのが普通。
バルコニーがあれば掃き出し窓にできるが
結局はバルコニーの腰壁に邪魔されて外が見えない。

三重の家では窓の外に下屋(1階の屋根)があることで
窓辺に立っても直接階下に落ちることはなく、心理的な安心感を作っている。

■低い位置に付けられた窓。木製建具ですべて戸袋に引き込まれる納まりです。
■解放感があって外に居るような感覚になります。この窓から熊野の花火が見えます。
191119 組み合わせで考える_b0129659_12454095.jpg
191119 組み合わせで考える_b0129659_1246087.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2019-11-19 12:58 | 『三重の家』 | Trackback | Comments(0)

191115 空

『三重の家』

階段を上がるとき視線は上を向く。

三重の家では2階に居間や台所がある為
はじめてくるお客さんも、階段を使って2階に上がる。

1段2段と歩を進めていくと視線の先に空が見えてくる。
この解放感、体験がこの家の醍醐味になる。

191115 空_b0129659_10152519.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2019-11-15 10:20 | 『三重の家』 | Trackback | Comments(0)

191114 職人さんの感性

『三重の家』

スギやヒノキと同じ樹種であっても
節が多くなるほど値段は安くなる。

市場では節が無い=良い木として扱われているから。

しかし、節があろうが無かろうが
暖かさや調湿性といった機能面でみるとその差はない。

今回、内部の仕上げは一部を除いてすべて木で仕上げる。
節の有り無しにこだわりを付けず木が持っている性質を期待して計画を進めている。

写真は玄関の式台(ヒノキ)。
材木屋さんは、どこに使われるのかを聞いてから材料を手配する。
「節ありでも大丈夫ですよ」と言っても大抵は無節でくる(笑)。

大工さんもしかり、お施主さんや、設計士がいくらそれで良いですよと言っても
彼らにも大事な感性があってそれを無下にはできない。

■毛布が掛けられ大事に保管されている式台
191114 職人さんの感性_b0129659_846433.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2019-11-14 09:16 | 『三重の家』 | Trackback | Comments(0)

191112 差し掛け

『三重の家』

差し掛けが付きました。

雨風から建物を守り、半屋外スペースとして野菜を干したり
自転車を置いたりと使い勝手の良い空間。

そういった機能的な側面と共に
建物に影を落として奥行きをつくる視覚的な効果も期待できます。

2階の窓も単調にならないように
木枠を付けて同じように奥行きが出る納まりとしてバランスをとっています。

■サッシの縦横比は制作寸法のぎりぎりの縦長としている
191112 差し掛け_b0129659_833423.jpg
191112 差し掛け_b0129659_833232.jpg

辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2019-11-12 08:39 | 『三重の家』 | Trackback | Comments(0)

191018 伝えること

『三重の家』

毎回同じ方との仕事だと、「〇〇邸の納まり」と伝えれば用が済む。
しかし、毎回違う方だとそうはいかない。

図面に描いてあるからといって
そのままこちらの意図が伝わるわけではなく
どちらかというと伝わらないものとして入っていった方が良い。

朝8:30に現場に到着し、各職方の担当者と打合せを行う。テーブルは軽トラの荷台。
こちらもこのやり取りを何百回と繰り返してきたので大体のことは説明できる。

人に伝えることは難しい。

手描きで描いて伝えること。

細かな納まりになれば
三角スケールとパイロットのフリクションペンを使ってその場で正確に図面を描く。
ゆっくりと正確に。必要に応じてmulti8で着色する。
時間がかかるが、そのスピードに合わせてしゃべりながら思考のプロセスを
職人さんにも共有してもらう。

何も描く図面が正しくある必要はない。
最初に描く図面はたたき台程度として捉え
職人さんの意見を反映させながらより良いものにブラッシュアップさせる。

一緒に思考して頂くことで、「ようやくわかった!」と言ってもらえればしめたもの。
その後のやりとりはスムーズに展開します。

■時間をかけて金物ひとつづの寸法をおいながら描く
191018 伝えること_b0129659_8532849.jpg

■親子で工務店をされています

建築峪中のお父さん。一緒に製図をしてくれます(笑)。
191018 伝えること_b0129659_8534513.jpg

辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2019-10-18 09:28 | 『三重の家』 | Trackback | Comments(0)

191017 スギとヒノキ

『三重の家』

1階は真壁、2階は梁下まで大壁。
仕上げは床がヒノキで壁(一部左官がある)・天井がスギ。
塗装もする予定がないから、無垢の木の中に住む心地になる。
板材は節有りで地元三重の製材所から調達する。
飾り気は無いが、無駄な寸法を無くすことで
キュッと引き締まった空間にしたいと思います。

■2階床下地はJパネル:化粧になる梁組は見え方を考慮して割付している
191017 スギとヒノキ_b0129659_921021.jpg

■縦長の三連窓:小気味よく分割する

191017 スギとヒノキ_b0129659_922634.jpg
■階段は建物の中央に。その周りをグルグルまわる間取りにした
191017 スギとヒノキ_b0129659_923864.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2019-10-17 09:14 | 『三重の家』 | Trackback | Comments(0)

191015 親密感

『三重の家』

3x3.5間の総二階の部分に、差し掛け屋根が付く小さな家。
桁高さも通常の家に比べると一段低く、より小さく感じる。
その分中に入るとキュッと空間が引き締まり
親密感をより強く感じることができます。

蜜柑畑に囲われ2階からは遠くに太平洋が見える。
開けた自然環境である一方、
台風が近づくと雲行きがあやしくなるのが見え雨風の影響が強いことを想像できる。

『自然環境から守る』。
それがスタート時にイメージしたことで、この考えが端々に反映された計画となっています。
守るということについて物理的な側面と、心理的な側面両方からアプローチをしていて
先ほどの親密感というのは心理的な効果を期待してのこと。
徐々に空間が仕上がってくるとそのイメージを掴んで頂けるかと思います。

■手の届きそうな2階:差し掛けの屋根はまだ付いていない
191015 親密感_b0129659_1413175.jpg

■台風19号が近づく
191015 親密感_b0129659_1414892.jpg

■2階居間:梁下端で2110mm。水平の梁が等間隔に並び
そのリズムが太平洋の水平線に呼応する
191015 親密感_b0129659_14214136.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2019-10-16 14:27 | 『三重の家』 | Trackback | Comments(0)

190903 配筋検査

『三重の家』

地盤調査の結果、地盤改良の必要もなく地鎮祭が終わった後
スムーズに基礎工事が着手できた。

まずは、配筋検査。
小さな住宅なのですが、いつもやることは同じ。
遠方ですが7時に出ると、10時には現場に着けるので特に大きな問題はありません。
監督さんも、こまめに連絡をくれるので進捗も把握でき安心。

190903 配筋検査_b0129659_848728.jpg
190903 配筋検査_b0129659_848274.jpg

■smartの荷台を開いて即席の打合せテーブルに

190903 配筋検査_b0129659_8484036.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2019-09-03 09:00 | 『三重の家』 | Trackback | Comments(0)

190726 花窟(はなのいわや)神社・世界遺産

確認申請の訂正を終え、地鎮祭まで少し時間があったので花窟神社(世界遺産)に行ってみました。

日本書紀に記されている最古の神社とのこと。

学生時代ネパールから陸路で5日間かけてチベットに行ったときのこと、
ようやく目の前に現れたポタラ宮殿を見たとき、安堵の気持ちとすごく感動したのを覚えています。

その時に日本から来ていた団体旅行客に聞くと同じルートを飛行機で一時間で来たとのこと・・・。
きれいな格好をして元気そうにパシャパシャ写真を撮っていました。

その時に、同じものを見ているのにそれまでのプロセスによって
大きく感動や記憶が変わるのだということを強く意識したのを覚えています。
ポン!っと答えだけを体験しても何も面白くないのだということを。

熊野古道に関わる世界遺産群はまさしくそれで
この花窟神社や那智の滝や熊野速玉大社も、その大元だけを効率良く車で巡っても本当の感動は得られない。
熊野古道を一歩づつ歩くからこそのものだと思います。

■家を建てることにも通じる
190726 花窟(はなのいわや)神社・世界遺産_b0129659_11433931.jpg190726 花窟(はなのいわや)神社・世界遺産_b0129659_1144094.jpg
190726 花窟(はなのいわや)神社・世界遺産_b0129659_11442075.jpg190726 花窟(はなのいわや)神社・世界遺産_b0129659_11443371.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2019-07-26 12:08 | 『三重の家』 | Trackback | Comments(0)