<   2011年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

110716 メダカ

「湊の家」

メダカをたくさん育てられている。
種類もたくさんあるようで色・形の違いで
ブラック、レッド、ブルー、だるま、オーソドックスなタイプと賑やかです。

たくさんあるので貰ってくれる方を探しているとのこと。
欲しい方は当事務所まで連絡くださればメダカとおまけで建物を紹介させて頂きます(笑)。

110716 メダカ_b0129659_9152567.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2011-07-16 09:20 | 『湊の家』 | Trackback | Comments(0)

110715 部屋の延長として

「湊の家」

ウッドデッキをどのようにして利用するのかという雑談をしていると
「これがあることで部屋の中から見た時に広くなったように見えるので
それだけでも十分価値がある」とおっしゃられた。
http://tsujichika.exblog.jp/14311625/

部屋に広がりを与えるという効果に加え
使用においても
観葉植物を日にあてたり
お孫さんがキャッキャ走り、出たり入ったりを繰り返すようで
部屋の延長として利用されている。

ウッドデッキを部屋だと考える。

そう見ると山中湖の家のウッドデッキもhttp://tsujichika.exblog.jp/13842191/
同じように部屋であり室内から持ち出された家具が違和感無く納まっているのも納得できる。

あたり前のことのようですが、このように考えていくと
ウッドデッキを経由して部屋に行くという間取りも現実的に思えてくる。

110715 部屋の延長として_b0129659_843080.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2011-07-15 08:34 | 『湊の家』 | Trackback | Comments(0)

110714 助っ人

竣工写真を撮る時は軽トラを借りる。
小回りが効き、安定した足場が確保できるから・・・。

シフトレンズや背の高い三脚を持っていれば
必要無いのですが高い買い物になるのでそこは知恵でカバー。

それにしても軽トラとはとても便利な道具(乗り物)です。
何故海外であまり見掛けなかったのかとても不思議なくらいです。

軽トラの行列http://tsujichika.exblog.jp/9336303
軽トラの利用http://tsujichika.exblog.jp/11221657

110714 助っ人_b0129659_9115797.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2011-07-14 09:18 | 『その他』 | Trackback | Comments(0)

110713 費用対効果

繰り返しになりますが
木を植えることの費用対効果はとても大きい。
一般的な住宅であれば30~50万円も出せば建物の雰囲気が一気に変わる。
設備機器にお金を掛けるぐらいならば少しでも木を植えた方が良い。

写真を撮影している時
何人もの方から「良い家ができましたね」と声を掛けられた。

足場が取れてからずいぶんと経つのですが
これだけ親近感を持って声を掛けられたのは木が入ったからだと勝手に思っている。

家の雰囲気も良くなり、親近感を持って迎えられる
木を植える効果は想像以上に大きい。

110713 費用対効果_b0129659_8531652.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2011-07-13 09:07 | 『七山の家』 | Trackback | Comments(0)

110711 ハナミズキ

「七山の家」外観写真の撮影を行いました。
玄関向かって右にハナミズキ、
左にヒナウチワカエデをメインとした島をつくり
足元にはグランドカバーとなる小さな苗木をたくさんの種類植えて頂いています。
これから夏本番となりますが
たくさん水を与えてもらいながらすくすくと成長してほしいと思います。

110711 ハナミズキ_b0129659_17362523.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2011-07-11 17:45 | 『七山の家』 | Trackback | Comments(0)

110707 パレット

珍しい仕上げ。
柱を区切りに4種類の仕上げで仕上がっています。
補修の結果このようなことになったのだと思いますが
新築ではまず考えられない仕上がりなのでこれはこれでおもしろい。

柱を表しで納める真壁もリズムがあって可能性を感じます。
軒の深い平屋なんかで影を落としながら真壁で作ってみても
良い表情の建物になりそうです。

■小窓の納まり方がとてもきれい
110707 パレット_b0129659_771181.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2011-07-07 07:16 | 海南市の風景 | Trackback | Comments(0)

110706 文月の空∥2011

昨晩、和歌山県に震度5の地震がありました。
阪神淡路大震災以来の規模ということらしい。

大阪管区気象台の発表によると
今回は陸側のプレート内部で発生したもので
海溝型の東南海・南海地震のメカニズムとは異なるとのこと。

一夜明け余震の可能性は残しつつ
街は平常どおり動いているようです。

改めて、地震・津波に対する対策を・・・。
下記サイトから海南市の地震・津波のハザードマップが閲覧できます。
海南市地震・津波ハザードマップ

110706 文月の空∥2011_b0129659_855932.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2011-07-06 09:07 | 海南市の空 | Trackback | Comments(0)

110704 屋根の上のパーキング

斜めに駐車をする。
トタンという材料が持っているシャープさと
建物の片流れの形態が一体となって成立しているように思います。

これがブロック積みや木造であれば勢い良く駐車するのはとても困難なはず。

■良くこの場所を見つけたと思います・・・
110704 屋根の上のパーキング_b0129659_9152100.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2011-07-04 09:04 | 海南市の風景 | Trackback | Comments(0)

110702 モチハモチヤ

①棕櫚(シュロ:ヤシ科の植物 樹皮を利用しシュロ縄が昔から作られてきた)の縄でしばる。
植木を支える支柱は、シュロ(棕櫚)の縄で縛られる。
シュロの縄は丁度2、3年で縄が緩んでくるそうで
その頃には植木の根も安定し支柱も必要無くなるということ。
シュロの寿命=支柱を取っていい合図というのは良くできています。
針金では駄目な理由がわかりました・・・。

②土は火口のように。
こんもりした山のように土を盛った方が意匠的には良いかと思っていましたが
水やりの効率を上げる為、山の頂上を凹にし水が溜まるようにする。
確かに水が溜まって勢い良く水を吸い込んでいます。

110702 モチハモチヤ_b0129659_11213238.jpg
110702 モチハモチヤ_b0129659_11215515.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2011-07-02 11:31 | 『七山の家』 | Trackback | Comments(0)

110701 混植のススメ

「七山の家」植栽工事。

生垣と言えば、アラカシやウバメガシ、レッドロビンといった
単一の木を用いて年に1・2回角刈りのように剪定するのが主流。

ただ単一ということがあって
愛想があまりなく機能としてだけの生垣として認識されてしまっているように思う。
また剪定にはプロの手が入らないとなかなかきれいに維持することは難しい。

そこで混植のススメ。
簡単に言うといくつかの木を混ぜて植えるということ。
今回はトキワガマズミを主体にキソケイ、ツバキ(園芸品種)、ヤマボウシを混ぜて頂いた。
いくつかの木が混ざることで、
それぞれの成長が違い高さが不揃いになることで自然に木が育っているような環境にしている。
また、時期を変えて花や実を付けるので日々違う表情を見せ通りを歩く人を楽しませてくれる。
剪定は邪魔になった枝を切るだけ。後は自然に任せてというのが混植の考え方。

■早速ご近所の方に声を掛けられた 年配の方には木を好きな人が多い
■白い花はヤマボウシ 紫の実はトキワガマズミ すべて常緑樹
■山をお持ちで色々な苗木を育てられている松田造園さんだから臨機応変に対応して頂けます
■図鑑を見ているだけではこのようにはいきません・・・
110701 混植のススメ_b0129659_833237.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2011-07-01 08:52 | 『七山の家』 | Trackback | Comments(0)