<   2014年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

140809 typhoon

『サービス付き高齢者向け住宅+デイサービス和が家』

台風が接近中。
外構工事が大詰めを向かえているので影響が少なければ良いのですが。

■盆休みの間も現場は進みます 
■資材の発注がストップしてしまうので設備機器の取り付けを行う予定
140809 typhoon_b0129659_6273046.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-08-09 06:38 | 『WS』 | Trackback | Comments(0)

140808 天井は白

『サービス付き高齢者向け住宅+デイサービス和が家』

大きな施設になると、天井には様々な設備がつきます。
照明、スプリンクラー、火災報知器、非常照明、換気扇、エアコン、点検口等・・・。
天井伏図を描いているとうんざりする程たくさんの設備が登場しとても賑やかな天井になります。

こういった設備機器に共通しているのは選択できる色に自由度が無いこと。
白を中心に、グレーやアイボリーといった無難な色がほとんど。
さらに困るのは、メーカー毎に同じ白でも微妙に色が違うこと。

今回は、少しでも設備機器の印象を和らげる為に天井のクロスを白にしています。
仕上がってみると煩雑な印象が整理されとてもすっきりとした印象になっています。

140808 天井は白_b0129659_8482255.jpg

辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-08-08 09:04 | 『WS』 | Trackback | Comments(0)

140806 道中

歩いて現場まで行く。
20分程の距離を、カメラ片手に良いカットがないか探しているとあっという間に時間が過ぎる。
帰り道も視線が変わり見落としていたカットを発見する。良い訓練になりました。

140806 道中_b0129659_8432592.jpg140806 道中_b0129659_8433460.jpg
140806 道中_b0129659_8434795.jpg140806 道中_b0129659_8435525.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-08-06 08:52 | 海南市の風景 | Trackback | Comments(0)

140805 盆休み前

『サービス付き高齢者向け住宅+デイサービス和が家』

土曜日も仕事をしている建築業界では盆と正月休みをきっちりとられる方が多い。
メーカーも同時に長期休暇に入ってしまう為、材料の納品がストップしてしまいます。
ということで、今週が材料発注の山場。監督さんもピリピリしています。

■仕上げ工事の真っ最中。やさしい空気が漂っています
140805 盆休み前_b0129659_8521180.jpg140805 盆休み前_b0129659_8521978.jpg
140805 盆休み前_b0129659_8523160.jpg140805 盆休み前_b0129659_8523931.jpg

辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-08-05 08:59 | 『WS』 | Trackback | Comments(0)

140804 サーキュレーター

無印良品のサーキュレーター(大きい方)。
扇風機は直接風を受け涼感を得る機械なのに対して
サーキュレーターは室内の空気をかき混ぜることで
部屋の温湿度を均一にし快適感を得る為の機械。
扇風機との違いは、風量が大きく空気を遠くまで飛ばせるというところにあります。

お風呂にお湯を溜めると上の方が温かく、下の方が冷たいことがるのは皆が知る話し。
空気も同じで、温かい空気は上に、冷たい空気は下に溜まる。
自覚していないと意外と見過ごされてしまいがちで
冬場にエアコンが温まらないと嘆く人が多いのも空気のムラが一つの原因。
特に吹き抜けなどがあれば、上部に熱溜まりができ人が活動する範囲には冷気が溜まる。
お風呂では皆が湯をかき混ぜるように、空気もかき混ぜる必要がある。

実際使ってみると、壁にあたった空気を背中の方から感じることができ
空気をかき混ぜている感覚を十分に感じられます。
また、日当りの加減で、隣の部屋が涼しかったりすると
涼しい方から空気を送ることができるのはおもしろい。
機械部品は、メルコエアテック製、さすがの静音設計。
風量1だと動いているのがわからないぐらい静かです。
1ヶ月フルに使っても電気代が100円程度なのでとても重宝しそうなアイテムです。

左右の首振り機能がなかったり、タイマーやリモコンが無かったりしますが
その分シンプルな作りなのでてんこ盛りの機能があるよりも好感が持てます。

■暖房を使う冬場にも利用したいと思います
140804 サーキュレーター_b0129659_815238.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-08-04 08:58 | 道具 | Trackback | Comments(0)

140802 緑がある

『F+』

以前、書いたように(http://tsujichika.exblog.jp/22837218/)この現場には緑が多い。
通常、何もない土地に家を新築することが多いので
足場が取れても家だけがポツンと建ち格好がつかない。

今回は、緑の間に家を建てているようなものなので
仕上がってくるとひとつひとつの窓に
緑との関係が生まれ以前からそこにあったような佇まいになっている。

そう考えると、日当りや風通しの良いところ、隣家との目隠しとして先に緑を植えてから
建物を計画するという建て方があってもいいんじゃないかと思う。

■制約があった方が計画しやすいこともあります
140802 緑がある_b0129659_8463625.jpg

辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-08-02 08:57 | 『F+』 | Trackback | Comments(0)

140801 漆喰

『F+』

焼杉板の外壁に漆喰で窓枠を付けました。
伝統的なアイテムを使いモダンな佇まいにトライしてみましたがとてもクールな表情です。
軒裏は黒に着色し漆喰の窓枠と木製建具にフォーカスが来るように調整していきたいと思います。

今回、既調合(既製品)の漆喰ではなくフノリから作る昔ながらの漆喰を塗っています。
仕上がりは少し生成りがかったなんともいえない光沢と質感が出ています。
人工物が混じると安っぽくなりますが本物はさすが。

■窓には木製建具が入ります 
140801 漆喰_b0129659_17111496.jpg

辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-08-01 17:19 | 『F+』 | Trackback | Comments(0)