<   2019年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

190619 シャッターの問題

『赤坂台の家2』

昨年の台風21号
が建築業界に与えたインパクトはとても大きい。

その一つに、雨戸やシャッターに対するニーズがある。
(新宮の家では外壁の外側に木製建具で雨戸(引き戸)を付けている)
今のガラスは昔のものに比べると厚みがあり、余程のことがない限り割れることはなくなった。

設計事務所の場合、意匠(デザイン)的な理由もあり
雨戸やシャッターを付けない設計がほとんどだが、
今回の台風を機に雨戸やシャッターを避けて考えるのが難しくなった。
(強化ガラスを用いるという選択肢もある)

さて道路側に面する部分、2階の寝室についたシャッターボックス。
2階の外壁を外にふかして、凹みをつくりその中にシャッターボックスを納めた。
そらにその奥行きを利用して
凹みの手前側にアルミの簾を付け建物の外観を整えることにしている。

■ネガ要素を逆手にとって考えてみる
b0129659_116395.jpg

辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2019-06-19 11:23 | 『赤坂台の家2』 | Trackback | Comments(0)

190618 見切りについて

『赤坂台の家2』

絶対に誰も気付かないから書いておきます(笑)。

吹き抜けの垂れ壁と、1階の天井の見切り材について。

垂れ壁は、茶色の仕上げ。
1階の天井は、白の仕上げ。

仕上げが切り替わるので
その取り合うところには見切りが必要になる。

今日の話はその見切りについて。

何も考えなければ、ボテッとした角材を付けて終わるところ。
今回は、断面を三角形に処理して頂くことでシャープな印象にした。

小さな部材だが
この一手間で吹き抜け全体の印象がきりりとなる。

■写真も少し大きめに・・・
b0129659_10481328.jpg
b0129659_10483397.jpg

辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2019-06-18 10:57 | 『赤坂台の家2』 | Trackback | Comments(0)

190614 遣方(やりかた)

『白浜の家』

建物が建つまわりに
仮設板で建物の位置、高さの基準をつくる、遣方(やりかた)。

斜面地や敷地が整形されていない土地の場合は
この基準がないと正確に何も建てることができない。

今回の遣方を見るだけで
土地の形状がいかに複雑かがわかる。

■久しぶりにこんなに高さのある遣方をみた
b0129659_542398.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2019-06-14 05:48 | 『白浜の家』 | Trackback | Comments(0)

190613 地盤改良工事

『白浜の家』

地盤改良工事の確認と基礎の打合せで白浜へ。

地盤改良工事は順調に進み
予定通りの深さで硬い岩盤に届いていると報告を受けた。
浅いところで2.5m、深いところで4~6m。
おおよそ、敷地形状に合わせてその深さが平行しているので
表面の土は谷地に堆積した土であることがわかる。

地盤改良工事は今日で完了し
一週間の養生期間をおいてから基礎工事にとりかかります。

柱状改良工事
b0129659_5363242.jpg
b0129659_5365516.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2019-06-13 05:45 | 『白浜の家』 | Trackback | Comments(0)

190612 road to sky

b0129659_626612.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2019-06-12 06:26 | kenoba | Trackback | Comments(0)

190611 遠くの景色

『三重の家』

前面道路の高さに対して
排水の勾配がとれるように敷地をかさあげしています。

敷地に立つと、みかんの木よりも
高い視線になりより遠くが見通しやすい。

太平洋に向けてなだらかに傾斜しているので
視線を遮るものはほとんどなく
2階の台所に立つと水平線から朝日がのぼるのが見える。

海陸風も吹く
b0129659_5203084.jpg
b0129659_5205377.jpg
b0129659_521616.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2019-06-11 05:30 | 『三重の家』 | Trackback | Comments(0)

190608 素材感

『赤坂台の家2』

内部が仕上がりました。

珪藻土クロスに、ゴム集成材の造作、スギヒノキの構造材
手に触れる部分には真鍮製の鈍く光る金物。

それぞれは地味な材料ばかりで
特に高価なものでもない。

素っ気ないかわりに素材は本物を使う。

そこに効果的に光が入ることで
素材が活き活きしてくる。

何かに似せた材料だとこうはならない。

■壁や天井に反射する光のグラデーションが模様や柄となる
b0129659_913379.jpg

辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2019-06-08 09:11 | 『赤坂台の家2』 | Trackback | Comments(0)

199607 境界

『三重の家』

着工に向け工務店さん含めた打合せの為
三重県は御浜町へ。

道中、ただただ山道を走る。

スギとヒノキが植林された山の景色は
ほとんど変わらない。
その変わらない景色でも
ハッと印象が変わる瞬間があり車を停めては写真におさめる。

車中暇なので色々と考えてみた。

この印象の違いは
山の稜線、空との境界の輪郭の違いによるものだとわかってくる。
なだらかな境界、切り立った境界。

人は物や空間を知覚する時
無意識のうちに境を見ている。

白い大きな壁の真ん中を見続ける人はいない。
壁と床の境、壁と天井の境。

これが理解できると
建築においてはこの境の処理がいかに重要かがわかる。
壁に同じ素材を使っていても、
巾木の大きさや廻り縁の存在の有無で空間の印象が変わるのはその為だ。

b0129659_849238.jpg

b0129659_5272973.jpg
b0129659_5274752.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2019-06-07 05:43 | 『三重の家』 | Trackback | Comments(0)

190606 化粧

『赤坂台の家2』

外部の木部について極薄い白の塗装をしている。
一手間

写真では伝わりにくいが
やはり、何も混ぜない透明のものを塗った時とは仕上がりが違う。

やさしい。

スギの力強い部分ではなく、柔らかい部分がうまく表現できていると思う。

外壁の茶色の左官壁との相性も素敵です。

■シンボルツリーの緑が入ることで丁度いいバランスになります
b0129659_5562153.jpg
b0129659_5563797.jpg

辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2019-06-06 06:06 | 『赤坂台の家2』 | Trackback | Comments(0)